自己肯定感を高める方法

 
自己肯定感を高める方法があります。



自己肯定感が非常に高い人もいれば、気の毒になるくらい自己肯定感が低い人がいます。

自己肯定感がとても低い人は、他人にどう見られているか、他人にどう評価されているかということを、恐ろしいほど気にしています。

自分に自信が持てず、他人の言動に対して、本当に過敏に反応してしまいます。

そして、自信を持って自分の価値観で行動することができず、他人の価値観で行動してしまいます。

自分の気持ちを抑えて、他人の価値観で生きることになってしまうから、非常に生きづらくなってしまう上、自分のことが本当に分からなくなってしまったりします。。



では一体、自己肯定感がある人とない人では、何が違っているのでしょうか。

同じように生まれてきたのに、何が原因で、自己肯定感の持ち方が違ってくるのでしょうか。

そして、自己肯定感が低い人が、自己肯定感を高めるには、どうすればいいのでしょうか。



自己肯定感が高い人と低い人では、乳幼児期・幼少期の体験が違っています。

乳幼児期・幼少期に、親(保護者)に、どれだけありのままの自分を受け入れてもらったかによって、自己肯定感は大きく違ってきます。。

自己肯定感の有無の感覚は、私たちが思っているより、ずっと幼い時期に形成されています。

外にはっきり出てくるのが、学校へ行くようになってから、あるいは大人になってからだとしても、そのベースはとても幼い時期につくられています。

そして、「三つ子の魂百まで」というくらいで、それは非常に変わりにくいのです。



では、自己肯定感が低い人が、自己肯定感を高めることはできないのでしょうか。

自己肯定感の低い人が、自己肯定感を高めることができる方法があります。

これは、マイナス思考をしている人が、プラス思考をするようになるためのトレーニングですが、マイナス思考をしてしまう原因は、自己肯定感が希薄なことにあります。
だから、このトレーニングをおこなうと、自己肯定感を高めることができると同時に、マイナス思考がプラス思考に変わります。
プラス思考をするようになるトレーニングですが、同時に自己肯定感を高めるトレーニングでもあります。

ある程度の時間はかかりますが、このトレーニングを続けることで、確実に自己肯定感を高めることができます。

プラス思考トレーニング

人生は一度きりですから、自己肯定感を高めて、自分に自信を持って、楽しく生きていきたいですよね。